So-net無料ブログ作成

「時代」中島みゆき [書]

「やさしさに包まれたなら」の次の展覧会には、谷村新司さんの「群青」を書いたのですが、残念。落選でした。(>G<)
その次に書いた作品が、中島みゆきさんの「時代」でした。この詩も有名で、誰でも知っている歌詞でした。
曲自体もいろいろなアーチストがカバーしている名曲です。
書として、表現するには画数の多い漢字があまりなかったので、難しかったです。
ただ、入選して展示されている時に、知らない人が私の作品に足を止めて見ていただいたりしました。作品が良くて、立ち止まったのではなく、あくまで題材が良かったからだと思います。
歌の出だしで「今はこんなに辛くて涙も枯れ果てて、もう二度と笑顔になれそうもないけれど」というところは、誰でも経験のあるような詩だと思います。
中島みゆきさんを、ジプシーのような詩人と言った人がいます。うん、松任谷由実さんが都会派なら、中島みゆきさんはジプシーのように感じます。
その詩は多くの日本人を魅了していると思います。
書ですが、「まわるまわる時代はまわる」のところを旧字体にして、雰囲気を出してみました。同じ文字が続く時に、文字に変化をつけたところを工夫しました。
思い入れや、詩の雰囲気は、かなり頑張ったのでこれからの作品がこれを越えるのは、難しいです。(汗)

KIMG0008-1.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。